老犬ぶーやんの介護日記

噛みつきから向き合い続けた柴犬ぶーやん。歳とって、寝たきりに。(過去の記録も残していくので、ばらばらアップしていきます。)

MENU

【老犬介護】100均で徘徊サークルを手作り!作り方とおすすめボード

 

高齢犬・老犬ぶーやん。

足腰も弱り、あちこち頭をつっこみ、危険を伴うようになってきました。

危ないので基本はサークル内ですごしてもらうようになりました。

もちろんお金ない我が家はサークルは手作りです。

 

歩行のレベルに合わせて3段階で記録してます。

 

おすすめは100均のカラーボード

 

目次

 

 

①上手に歩けるときの徘徊サークル 手作り/作り方

 

はじめは 100均ネットで囲っただけでした。

f:id:buuuyan:20200630172316j:plain

100均結束バンドで止めています。

 

下はジョイントマットを敷います。

これは どこでもかしこでも使えるので、1回買っておくと、便利ですね。

我が家は ↓ を買ってますが、ジョイントマットは100均でも売ってますよね!

 

その上はお布団の敷きパットです。

 

敷きパットはおすすめします!!

*敷きパットメリット*

・夏用・冬用、季節に合わせられる
・気軽にサッと洗える。←重要
・まるめてクッション代わりにしたりもできる
・なにより安い!

 

スーパーのはしっことか、しまむらとかでも、安くていいのたくさん売ってますヨ。

我が家は旦那様のおさがりから始まりました。^^

 

 

元気なときは、こんな簡易サークルでも上手に歩いてくれていました。

youtu.be

 

ちなみに真ん中にひとつ なにかあると、その周りを回るので歩きやすいようです。

我が家は電気ストーブが丸くて、回りやすかったようです。

 

 

 

 

②上手に歩けないときの徘徊サークル 手作り/作り方

 

体力が落ち、痴呆もひどくなり、

「角」に頭をつっこんで吠える ようになりました。

 

※ひどい鳴き声なので再生注意

youtu.be

 

なので改変!

サークルの角をなくしました。

<Befor>

f:id:buuuyan:20200630172251j:plain

 ↓↓

<After>

f:id:buuuyan:20200630172330j:plain

 

たったこれだけ、されどこれだけ。

かなり変わりました!

 

ここで大事なことは、下を固定すること!!

上の写真のように、100均ネットを斜めに置いた状態で、下をネットで固定します。

 

下を固定せず100均ネットを繋げただけの状態だと、歩きながら倒れこんだ時にネットがぜんぶ動いて動いていました。

下を固定したことで、ぶーやんが倒れてネットにもたれても、下のネットに体重が乗っているので、ネットが動くことも倒れることもなくなりました!

 

f:id:buuuyan:20200630172325j:plain

 

上手に歩いてくれていました。

(動画はテスト中。奥側だけが固定されています。)

youtu.be

 

 

 

②持たれながら歩くときの徘徊サークル 手作り/作り方

 

痴呆が進むと、ネットの穴に鼻を突っ込んだり、結束バンドに顔押し付けたり、危険が増えますよね。

 

ということで、最後はサークルの内側にクッション材を入れてあげてました。

 

クッション材としておすすめなのが、100均の『カラーボード』!!

f:id:buuuyan:20220413234949j:plain

 

厚さ5㎜のクッション材。

45×84cmという大きさで100円です。

コスパ最強!!

 

お風呂マットを検討していましたが、カラーボードの方が圧倒的に安いです。

 

ぶつかる力が強い子だと、お風呂マットかな?

ぶーやんはカラーボードで十分でした。

 

 

 

歩いてた頃のぶーやんを見ると、いまも歩きたいのかなぁと思っていします。

(今は寝たきり)

 

 

 

<材料>
・100均ネット
・100均結束バンド
・100均ジョイントマット
・100均カラーボード
・敷きパットとか

 

<コツ>

*ネット囲うときは下を固定する

*100均のカラーボードがおすすめ!