老犬ぶーやんの介護日記

噛みつきから向き合い続けた柴犬ぶーやん。歳とって、寝たきりに。(過去の記録も残していくので、ばらばらアップしていきます。)

MENU

【老犬介護】注入器ごはんの 作り方・食べ方

 

高齢犬、老犬ぶーやん。

あごが開かなくなって ごはんが食べれない。

食べたいのに 食べられない。

 

「食べられなくなったら老化」と考えていましたが、これは ちょっと話が違いますね。いろいろ試行錯誤して、なんとか食べさせることに成功しました。『注入器』を使っています。

 そのやり方とか、もろもろ、記録しておきます!

 

 目次

 

○作り方

 我が家は『カリカリ』フードです。なんでこれかって、自力で食べていた時と同じものだから。ウェットをはじめから詰めても、もちろんいいと思いますよ。笑

 

お湯を入れてふやかします。水だとふやけません。

1時間くらいかな?

 

f:id:buuuyan:20200610102017j:plain

(まとめて作って冷蔵庫保管しています) 

 

これを すり鉢ですりつぶします

f:id:buuuyan:20200610105222j:plain

今日はトッピングでヨーグルトを入れました。毎回いろいろです。

 

電子レンジで人肌に温めます。

 

注入器にいれます。

f:id:buuuyan:20200610101737j:plain

 

トントンしてできる限り空気を抜きます。

f:id:buuuyan:20200610101750j:plain

 

※作業中に、先からピューっと出るので注意!

 慣れるまで我が家の台所はフードだらけでした。

 

 

あとはごはんセットにまとめて完成です。

f:id:buuuyan:20200610101758j:plain

 

 

注入器はこれ。↓

 

毎回ごはんに4本・お水に1本使います。

2~3週間くらい?かな?でゴムがだめになるので、なんだかんだ たくさん使います。

病院で毎回買っていたけど、ネットでまとめ買いした方がお得と気が付きました。

 

 

○食べ方

 食べ方は、動画のとおり。

youtu.be

 

フードは、注入器を 咥えさせてます。

お水は、口の横から 流しいれてます。

 

これは顎が開かないぶーやんだから。

 

フードを横から流し入れたら、そのまま全く食べれずすべて出ました。

しっかり咥えさせて、舌の上に出して食べさせてます。

 

逆にお水は咥えると、口が閉じないので逆側からダダ洩れで水浸しでした。 

 

顎が開く子は、横から入れたら食べれるみたいですね!

これもわからず、試行錯誤。

苦労しました。

 

 

あと、のどに詰まらせてはいけないから 頭を高くあげたほうがよい、どこのサイトにも書いてあります。

ぶーやんも試したのですが、そうすると食道が狭くなるのか?飲み込みづらそうなんです。

なので、横になったまま食べています。

 

その代わり、食後のゲップは必ずします!

f:id:buuuyan:20200628200934j:plain

 

頭をおこして、やさしくトントントン。

赤ん坊と同じです。

毎回ではないですが、けっこうな頻度で「げぇっ」って気持ちよく出ます。

 

横になって注入器で食べると、空気をたくさん飲むようで、食後はお腹からすごい空気が動く音が聞こえてきます。

なのでゲップを出させるようになりました。

(これはどこかのサイトでみたわけでなく、我が家流です。)

 

 

 

 

 

なんにせよ、ごはんが食べられるって幸せですね。

食べてる姿をみるとホッとします。

 

かわいいなぁ。。

 f:id:buuuyan:20200610102113j:plain