老犬ぶーやんの介護日記

噛みつきから向き合い続けた柴犬ぶーやん。歳とって、寝たきりに。(過去の記録も残していくので、ばらばらアップしていきます。)

MENU

【老犬介護】犬の『夜泣き』対策4つ!「アセプロマジン」は有効か?

 

 

 

 
高齢犬・老犬ぶーやん。

歩いていた時期も、歩けなくなって寝たきりの期間も、ともによく夜に鳴いていました。

介護で一番大変だったのは夜泣き(夜鳴き)。

 

ということで。

先生に教えていただいた『夜泣き対策4つ』と、実際にぶーやんに試した『検証の結果』です。

 

 目次

 

 

対策①:昼に運動する

当たり前なのですが、昼間に運動しましょう!

昼間にしっかり運動して疲れて、夜は力尽きて寝てもらいましょう。

 

って先生に言われましたけど、、、

 

夜鳴きする子って、昼に寝るんですよねぇー。

起こしても起こしても、寝るんですよねぇー。。。

 

f:id:buuuyan:20200708185712j:plain

 

どんなに起こしても、起きなかったな、、、笑

 

 

 

対策②:日光を浴びる

動物は昼と夜は光で認識しています。

痴呆になると、その感覚が鈍るんですね。

 

だから少しでも光を感じやすいように、

昼と夜を明確にわからせることがだいじ。

要は、朝になったらカーテン開けて明るくして、夜になったら暗くするってことですね。

 

それから、

昼に日光を浴びることもとっても大事。

 

少しでも光を完治しやすいように、メリハリをつけることが大切だそう!

 

f:id:buuuyan:20200708185636j:plain

 

正直に、効果があったのかはわかりません。苦笑

 

でも、生きている以上、お日様と風を感じないなんてありえない!

めいっぱい、ひなたぼっこしてました。^^

(もちろん浴びすぎも問題なので、日陰で両方行き来してます。)

 

 

対策③:『メラトニン』のお薬

昼と夜の感じる仕組みは、人間と同じだそうです。

日中に日光を感知して脳内にセロトニンが出ます。

日が暮れると、セロトニンがメラトニンという物質に変わります。

その『メラトニン』が、眠りを誘発するそうです。

 

そのため、

夜に『メラトニン』のお薬を服用するという対策をおすすめされました。

 

即効性はなく、継続的に服用して、身体の周期を作るような緩やかなお薬です。

人にも使われるお薬なので、安心ですよ。^^

 

 

ただ残念ながら、ぶーやんには効果がありませんでした、、、。

けっこう長く服用したんですけど。

 

もしかしたら服用していたことで、少しはマシになっていたのかも?しれませんが、効果を明確に感じることはありませんでした。(TーT )

 

 

 

対策④:『アセプロマジン』で眠らせる

犬の夜泣きといえば、『アセプロマジン』が代表的ですね。

『アセプロマジン』

・精神安定剤、睡眠導入剤
・1回1/4錠を1日2回まで(ぶーやんの場合)

 

要は、眠らせてしまうお薬です。

夜眠れるので、

『アセプロマジン』は夜泣きに有効です。

 

 

でもこのお薬、注意が必要です!

 

はじめてぶーやんに飲ませたときは、

ぐったりと首に力も入らないくらい寝るし

起きても足元がふらついていました。

 

あまりにぐったりとしているので、正直に怖かったです。

このお薬は、むやみに使うものではないと感じました。

 

ただ、これはまだ元気に徘徊して、大きな声で夜泣きしていた頃です。

 

その後痴呆が進行し、興奮発作などを起こし始めたときには、1/4錠飲んでも全く変化がありませんでした。

1/2錠~1錠にして、やっと4時間ほど眠れる程度でした。

 

この頃のぶーやんは、『アセプロマジン』がないと眠るどころか、落ち着くこともできなかったです。

ぶーやんには、なくてはならない必要なお薬でした。

 

 

ということで、

『アセプロマジン』はその子の興奮度合いによって、先生と相談して、しっかりと様子をみながら、上手に活用してあげてください。

 

その子に合えば、『アセプロマジン』は夜泣きに有効です。

 

 

『アセプロマジン』は犬の夜泣きに一番有名なのに、あまりいい話を聞かないんですよね。

否定する先生もいらっしゃいました。

 

でも、いい面・悪い面の両方を体感した我が家としては、あまり悪い印象にならないでほしいな。と、思います。

 

 

 

 

 

ということで、ぶーやんに試した夜泣き対策4つでした。

 

お薬については、ぶーやんに使ってみたお薬だけ書いてます。

他にもあるかもしれませんね。

 

 

夜泣きに苦しむご家族様が、少しでもゆっくり寝れますように。